マウイダイバーズジュエリーの物語

 

 

About our Story

創業の歴史

マウイ・ダイバーズ はかつて捕鯨港として賑わったマウイ島ラハイナで経験豊かな現地のガイドが冒険心溢れる観光客を、息を飲むほどに美しい海の世界を体験できるダイビングツアー会社として1958年に誕生。

黒珊瑚礁との出会い

ダイビングツアー中、モロカイ海峡の深海にハワイアン黒珊瑚と出会い、その美しさを多くの世界中の方に届けたい気持ちから1959年に黒珊瑚のジュエリーデザインと生産の会社マウイ・ダイバーズジュエリーを1959年に創業。

創業以来マウイ・ダイバーズではハワイアン珊瑚礁の礁生態系再生運動に積極に取り組んでおり、ジュエリーに使われる珊瑚も全て生態系に影響が無いのをのみをお客様の手元にお届けしております。

 

1962年に本社をオアフ島に移転し、それ以来58年にわたりマウイダイバーズジュエリーは世界で最も規模の大きい貴重珊瑚ジュエリー製造会社になり、ハワイ州で最大のハワイアン・ジュエリー会社へと発展と進化を続けております。

ハワイアン黒珊瑚の他に、マウイダイバーズジュエリーは珍しいハワイアン金珊瑚、神秘的な深海ピンク珊瑚、赤珊瑚、及びタヒチアン黒真珠、南洋真珠、日本のアコヤ真珠、淡水真珠、オーストラリアンオパール、ダイヤモンド、ペリドット、その他、美しいジェムストーン等ユニークな手細工のコレクションを紹介してます。

マウイダイバーズはハワイ及び太平洋や海洋生物をテーマとした幅広いハワイアンゴールドジュエリーを自信を持って提供します。黒エナメルを使い特別にあつらえた14カラットハワイアン先祖伝来のジュエリーは最後のハワイ王朝、125年前に遡る島の伝統です。 

 

マウイ・ダイバーズ ジュエリーデザインセンター

ホノルル市内のデザインセンターでは無料で楽しめる見学ツアーを毎日実地しております。ガラス越しに熟練職人たちの作業している姿、マウイ・ダイバーズジュエリーの歴史についてご案内しております。 詳しくはこちら